あなたが家を買う理由・リフォームする理由

あなたが家を買う・リフォームする理由は何ですか?
お客様が家を買う理由でよく聞くのが

  • 子供ができたから
  • 結婚したから
  • 家賃を払っていくのがもったいない
  • 今住んでいるところでは狭い
  • 金利が安いうちに
  • 消費税が上がる前に

それぞれ家庭環境で理由は違うとは思います。以前は夢のマイホームなんて言っていましたけど、現在、持ち家に住んでいる人の割合って60%以上になっているそうです。平成25年度の総務省の調査結果で報告されています。
6割以上の人が持ち家に住んでいるなんて、賃貸の私からすると「そんなに!」って思ってしまいます。
でも、そういうデータからみても、持ち家に住むというスタイルが普通といえるところまで来ているのではないでしょうか。

 

家を買う前に・リフォームする前に知っておきたいこと

子供も小学校に行き始めたし、家も狭くなってきたなぁ。
そういう環境で新しい住まいを考えている人も多いと思います。
家を買うとなると、ほとんどの人が初めての買い物で、最大の出費となることでしょう。わからないことも多いと思います。
そういう初めての人が知っておいたほうが良いこととはどういうことなのでしょうか?

 

情報収集(相場・ハウスメーカー・工務店・建築家)

あなたが住みたい街の物件の相場を知ることは重要です。新築物件、中古物件、戸建て、マンションなどそれぞれ相場があります。
まずは、あなたが住みたい家をイメージしながら相場を見てみましょう。イメージが膨らむ楽しい作業だと思います(#^.^#)

 

新聞折込チラシ、ポスティングチラシ、情報誌などいろいろ情報収集の方法はあります。
ハウスメーカーや工務店、建築家などいろんな情報が入ってくるはずです。
それでも、情報は多いほうが良いし、専門家の意見を聞いてみたいところです。ある程度は自分で情報収集し、専門家に詳しいことやチラシ等では入手できない情報を聞いていきたいです。

 

家・マンション・リフォームのイメージを持つ

戸建て、マンションにはそれぞれメリットデメリットがあります。あなたの環境に合わせてイメージしていきましょう(^^♪
マンションのメリットは立地であったり、セキュリティ面であったり、庭の手入れなどのメンテナンスが要らないなどという所が多いのかもしれませんね。また、資産価値が下がりにくい点も有利なポイントです。マンションのデメリットは、プライバシーの問題ですかね、やっぱり"(-""-)"
メリットもデメリットもそれぞれのご家庭で変わってくることかもしれません。
いろんな物件を知ることがあなたのベストの住まいづくりに必要不可欠です。

 

あなたのイメージが膨らんだところでより具体的なところをプロに相談できればベストだと思います。

 

注文住宅 or 建売住宅

注文住宅は土地から選べる分、理想の住まいが作れそうですね。
「郊外で広い庭をつくりたい」
「土地代が高くても利便性を求めたい」
土地代がかかりすぎると建物にお金がかけられなくなることもありそうですが、注文住宅は自由が利きそうです。

 

建売住宅は、土地と建物セットで買うイメージです。区画が決まっているし、建物もある程度、型にはめられます。しかし、便利なエリアが多いし、価格の比較もしやすいのではないでしょうか。
型があることで完成イメージがしやすいのも魅力の一つです。入居までの期間も早いです。

 

住宅ローンについて

住宅ローンの流れは、必要書類をそろえて、記入捺印をしたら、跡は不動産業者が手続してくれます。
審査にかかる期間はおおよそ10日から1カ月といったところです。
必要書類は、本人確認書類、収入に関する書類、物件に関する書類、すでに借り入れがある場合はそれらの書類、印鑑証明といったところです。

 

住宅ローンについての不安が一番大きいと思います。住宅ローンについてもプロに事細かく聞いて安心して手続に入りたいところです。

 

補助金制度

新築時に受け取れる補助金はいろいろあります。そのほとんどが申請をしないと受け取れないので十分チェックしておきましょう。
補助金には、国から受け取れる「住まい給付金」があります。「住まい給付金」は消費税増税に伴って作られた制度なので、もし、10%になると金額も変わります。給付条件は、床面積が50u以上、施工中に検査を受ける、年収が510万以下、という条件があります。
そのほかにも期間限定で募集されている補助金があります。
国からの補助金以外にも市町村での補助金制度もあります。
補助金については、専門家にじっくり聞くことをお勧めします。

 

 

家を買うことになったら自然と情報が入ってくるものですが、住まいについての専門家に相談しながら自分の知識を増やしていくほうが効率的で失敗がないと思いますよ(^^)/

住まいの窓口でピッタリアドバイス

当たり前のことですがマンションの査定額というのは買取業者によって変わります。相場以下の値段で愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)持ち家を買い取られてしまうのは残念なことです。そんなことのないように、最初から買取業者を選んでしまわず複数の業者から見積もりを出して貰うのがよいでしょう。ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと実際に出る査定額とは往々にして異なるものですので、そこは気を付けておきましょう。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、相場より下の査定額をつける立ちの悪い業者もいることはいます。近頃では、スマホ人口は増加の一途をたどりつつありますが、分譲住宅の査定も勿論スマホで手続きを行なうことができるのです。パソコンを起動指せなくてもネットだからこそ可能な一括査定サービスを利用でき、大変便利ですね。ちょっとでも高く買い取ってくれる買取業者を見つけ出すため、強くお勧めしたいのは一社でなく複数の業者使って査定をして貰うことです。注文住宅査定用アプリも随分出てきましたので、それらを使うことでさらに効率的に業者捜しができるかも知れません。車の査定を受ける際の手順としては、はじめに一括査定をネットなどで申し込みましょう。沿うすれば、中古中古物件買取業者から入力情報を元にした査定額が表れますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のでき沿うな業者をその中から見つけ、実際に査定してもらいましょう。査定の額が充分であると思ったら、契約をして中古物件を買い取ってもらいます。代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が殆どです。ネットを使って、持ち家の査定の相場を調べることができるでしょう。中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、中古物件買取価格の相場を調べることも可能になります。相場を調べておくと、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、事前の確認を怠らないようにしましょう。沿うはいっても、車の状態次第で変化するため、必ず相場の通りに売ることができるとは限りません。インターネットを使って中古注文住宅買取業者に査定をしてもらおうとすると、電話番号など個人情報(個人情報保護法の施行から、緊急連絡網を作らなくなった学校も増えているそうです)を打ち込むようになっているところが多く見られます。ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、査定をネットで申し込むことに気後れを感じる人もいるでしょう。しかし、最近の傾向として、電話番号など個人情報(個人情報保護法の施行から、緊急連絡網を作らなくなった学校も増えているそうです)の掲載不要で車がどれくらいで売れるかざっくりとわかるようになっているサイトもありますので、試してみるのも良指沿うです。分譲住宅の査定を中古車買取業者にたのんでみようとする時、一つの業者だけに査定をお願いするのは良くありません。なぜなら違う業者にあたっていれば査定額がもう少し高くなってお得に売れていた可能性が高いからなのです。最近ではインターネット上で簡単に一括査定を受けて数社の買取業者から見積もりを集めて比較することができるようになりました。幾らか時間はかかってしまうことになりますが、多数の業者による査定を受けておくことで最終的に査定額アップに繋がることが期待できます。マンション検が切れたマンションの査定についてはまったく問題なく査定は受けられますが、注文住宅検を通っていない中古物件は公道走行は不可能ですから、持ち込みでなく出張査定を頼むことになります。注文住宅検を通して売却を試みようとするよりかは、マンション検はとおさないまま買い取って貰う方が、車検代を考えると相当お得なはずですので、その通り出張査定を受けることを決断しましょう。こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず複数のところから査定を受けますとより良い結果に繋がるでしょう。持ち家の売却を考え、幾らで売れるのか査定を受けたい時、ネット上の一括査定サービスを使うのが良いでしょう。でもこれを使えば、業者から営業電話が入ってきますしメールの案内持たくさん来ることを知っておきましょう。これを防ぐ方法は、着信拒否機能を使うために一括査定申し込みシートに携帯番号だけを書いておき、メールも今回のためだけに使う捨てアドレスを利用します。それからこれも大切なことですが、ネットの査定ではなく実際に業者に持ち家を見て貰う査定も業者は複数利用するのが査定額アップの鍵になるでしょう。買取業者によるマンションの査定を考える際におぼえておきたいことは、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、洗車して汚れは落としておき、車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。それから、後になって変に話が拗れたりすると困るので、修理歴や事故歴などについては隠さずに話しておくのがお互いのためです。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて次に行きましょう。業者によい評価を得るためにも査定前には、とにかくきれいに分譲住宅を洗っておくべきです。業者の査定員だってあくまでも人間ですし、ドロドロに汚れた持ち家などより丁寧に洗持ち家された方に良い点数をつけたくなるというものです。持ち家の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、小さな傷の確認などができず、そのことで査定額が落ちることもあります。それから洗マンションをする場合、洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。実際の中古物件を業者に見て貰う査定では、出張査定はそこそこ人気のようです。なんといっても自宅で査定して貰えて楽ができ、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は自宅に業者を呼ぶスタイルの主張査定よりも、自ら業者側に運転していって相手の方で査定を受けるのが向いているかも知れません。わざわざ出向かせて悪いから、だなんて思ってしまった場合、業者の要求通りに話が進んでいくことになり沿うです。査定を受けることが決まったマンションについて、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断できないケースもあり沿うです。傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、処置してきれいにしておくのがベターですが、お金を使って修理に出すのはお勧めしません。どうしてかというと修理して査定額が上がっ立として持たいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のままプロの査定を受けてしまうのが良いです。もちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定には結構マイナスになるでしょう。しかし、事故にあったことを隠しても査定する人は事故車であることは分かるので、イメージが悪くなります。事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故注文住宅専門の中古持ち家買取業者に査定をお願いするといいと思います。こちらの方が良い査定額を提示されるはずです。マンションを査定に出す時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにしますのではなく、標準のタイヤに戻しておきましょう。査定の際、スタッドレスタイヤはマイナスとなるものです。もし、状態がいい場合はまとめてスタッドレスタイヤも買取をしてもらえることもあるかも知れませんが、すり減って溝がない状態になっていると、逆に処分のためにお金を払う必要があるかも知れません。車の査定では走った距離が少ない程に査定の額は良くなります。走行距離が多い程に車がダメになっていくためです。沿う言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとそれは詐欺ですから、走行してしまった分は仕方がありません。今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて余計な距離を走らない方が良いでしょう。